ホーム  >  不動産売却

  • 購入計画から引っ越しまでの流れ
  • 地図から物件を探す
  • アパートを建てたい

不動産売却の流れ

こちらでは不動産売却をご検討中のお客様に不動産物件の売却の流れをご説明します。
なお、こちらに掲載されている媒介に関してご不明な点、より詳しい説明をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

1.売却費用の用意

住まいの売却をしていただくためには、売却費用がかかります。売却費用の主なものとしては、下記のようなものが費用としてかかります。

  • 仲介手数料
  • 所得税・住民税
  • 印紙代
  • ローンの抵当権末梢登記費用
  • 司法書士費用
  • 残存物片付け費用
  • 測量費用

売却費用より支払うことも出来ます。また、お客様の事情によって変わってまいります。ご相談ください。

2.査定

売却される物件の状態を調査したうえで、周辺地域の不動産物件相場、過去の取引事例をもとに、物件の売却価格を査定します。
この査定価格はあくまで売却時の目安としてお考えください。お客様の大切な財産である住まいの売却ですので、ご意見を十分にお伺いしたうえで、価格査定を徹底させていただきます。もちろん、査定は無料です。

3.売却の依頼

査定後、お客様のご意見が固まりましたら、
当社と売却に関するご契約を取り交わします。
これを媒介契約といい、媒介契約には三つの種類があります。

(1)専属専任媒介契約

当社のみ不動産売買をお任せいただく契約です。物件購入希望者も必ず当社を通してお選びいただきます。

(2)専任媒介契約

当社のみ不動産売買をお任せいただく契約ですが、ご自身で物件の購入者を見つけられた場合は、当社を通さず購入希望者と取引を行っていただけます。

(3)一般媒介契約

当社以外の複数の不動産会社に重ねて媒介契約をご依頼していただくことができる契約です。

4.売却に関する活動

媒介契約を結んでいただき次第、お客様のご要望に従い物件購入者をお探しいたします。
購入希望者が見つかり次第、当社からお客様へご連絡いたします。

5.購入希望者との折衝

購入希望者から確かな購入の意思表示があった場合に、物件代金の支払い方法・物件の引き渡し時期などの詳細を決定します。
その後、購入希望者より手付金をお支払いいただき、不動産売買契約を締結します。

不動産売買契約時には以下の物が必要となります。

  1. 印紙代
  2. 登記済証
  3. 実印
  4. 印鑑証明書(発効から3カ月以内のもの)
  5. 建築確認通知書・検査済証
  6. 固定資産税納税通知書

6.売却手続き

不動産売却決済日までに借入金決済・抵当権の抹消など各種手続きを、代金と引き替えに司法書士が行います。
また、一戸建て・マンションの場合は明け渡し日までにお引越しを完了してください。

7.売却完了

最後に物件購入者に鍵をお渡しいただき、物件のお引き渡しを行います。
これで、不動産物件売却が完了いたします。

問い合わせてみる・査定をしてみる

ページトップへ