ホーム  >  購入計画から引越しまでの流れ

  • 購入計画から引っ越しまでの流れ
  • 地図から物件を探す
  • アパートを建てたい

購入計画から引っ越しまでの流れ

不動産購入の流れを掴んでおくことは、ご希望通りのお住まい・土地を手に入れるためには重要なこと。
ご希望通りの不動産を購入していただくための大まかな流れを解説いたします。
ご購入のための一助として、ご参考にしてください。

1.購入計画

不動産購入に際してまず、どのような住まい、土地をお求めなのかを
明確にしましょう。
ご両親と同居される場合、通勤・通学、周囲の環境など、
生涯設計を視野に入れた計画をご家族と話し合うことが大事です。
また、予算・間取りなども重要なポイント。できる限り具体的な計画を立てて、
多数の物件をご覧になることが、物件購入成功のために必要となります。

2.物件選定

購入計画を立てたら、広告・店頭などで物件資料を探します。
もちろん、当ホームページもご活用いただき、Eーメール等でご連絡ください。該当物件を下見に出かけましょう。
その他、ホームページに掲載できない物件等が、ある場合もございます。そのときは併せてご紹介いたします。

下見に行く前に

下見に行く前には、必ず不動産会社に連絡を取りましょう。お客様自身で物件を見に行かれる場合、 周辺環境や物件の外装は調べられても、内装や設備、建て付けなどを見ることはできません。
居住中の中古物件などは、不動産会社から連絡も無いのに、家の周りを覗かれることを嫌う方が大半で、 トラブルものとです。また、 ご近所に売買の話をしていない方も多くいらっしゃいますので 必ず不動産会社に連絡を入れ、スタッフの同行のもとで下見をすれば、内装や設備などをしっかりと確認することが 可能です。
不動産のプロの目から見たアドバイスに従ってチェックをすることで、安心して物件をチョイスすることができます。

物件下見のチェックポイント

3.条件調整

入居希望目・希望購入価格・その他の条件などを担当者とお話いただき、 いつ契約を取り交わすかを買付書にしてご提出いただきます。
不動産会社がお客様からいただいた、この買付書をもとに
売主との条件交渉を開始します。

ページトップへ

4.重要事項説明と売買契約

買付書をご提出いただきましたら、宅地建物取引主任者の資梧をもつ担当者が重要事項説明書に従い、 物件の重要事項をご説明いたします。
お客様にとって重要な情報のご説明ですので、ご不明な点などがございましたら必ずご質問ください。 重要事項説明が終了しましたら、物件購入のご契約を交わしていただきます。お取り引き内容の詳細、 売主・買主・仲介業者それぞれの権利や義務が不動産売買契約書には明記されています。 不動産売買は高価な取り引きですので、契約書を取り交わす際も必ず納得・ご理解いただくまで ご確認を行ってください。

不動産売買契約を締結する際に必要となる費用と用意

  • 印鑑(実印または認印)
  • 手付金(預金小切手または現金)
  • 印紙代(売買契約によって異なります)
  • 仲介手数料(別途消費税および地方消費税額が必要です)

5.ローンのお申込み

売買契約後、不動産ローンのお申込みをしていただきます。

住宅ローン

家屋の取得や新築住宅購入・改築などのために、家屋を抵当として銀行や住宅金融公庫から融資を受けることが できる住宅ローン。
通常1~3週間で融資の可否が決定します。
住宅ローンは公的融資と民間融資があり、 必要とする費用や書類が変わってまいります。

住宅ローン申請の際にご用意いただくもの

  • 住民税決定通知書
  • 実印と印鑑証明
  • 不動産売買契約書の写し
  • 印紙代
  • 収入証明書(または所得証明書)
  • 重要事項説明書
  • 融資の申込書類一式
    ?(融資機関ごとに異なります)
  • その他各金融機関所定の書類

6.金銭消費賃借契約(金消契約)

無事ローン融資の審査にお通りいただきましたら次は、ローン契約を行います。
不動産お引き渡し10日ほど前に、必要書類を揃えて、金融機関へ行き住宅ローンのご契約を行ってください。

ページトップへ

7.現地の最終確認

最後に、もう一度購入される、土地の境界や建物の確認を行います。
購入後のトラブルが起きないよう、隣地や道路などしっかりとご確認ください。

8.残代金のお支払い

金融機関にて、司法書士に登記書類を確認してもらい、
問違いがなければ残代金(住宅ローンなどですでにお支払いいただいた手付金や、 中間金を除いた代金の残り)を売主にお支払いいただき、
関係書類と鍵を受け取ります。

残金決済の際にご用意いただくもの

  • 登記費用
  • 事務手数料
  • 団体信用生命保険料
  • 固定資産税等精算金
  • 保証料
  • 火災保険料

9.お引越し

お引越しをされたときにも、住所変更・不動産登記など各種の手続きを行う必要があります。 また、お引越しをされる前後に行う転出・転入届けは早めに行うことをおすすめします。

お引越しの前後にご用意いただくもの

  • 郵便局への転居手続き
  • 国民健康保険証の手続き
  • 福祉関係の手続き
  • 電気・ガス・水道・転校の手続き
  • 国民年金の手続き

問い合わせてみる 物件を探してみる

ページトップへ